消費者金融を以前利用していた方でグレーゾーン金利にあたっていた方の場合は、過払い金が発生している可能性があります。
テレビやインターネット上でも過払い金請求するならお早めにと言われていますが、その理由は10年間しか期限が無いからなのです。
自分が完済してから10年以内に過払い金請求をしなければ後に過払い金に気が付いて請求しても対応してもらえなくなります。
この請求は自分自身で行なう事が出来ると言われていますが、実際には弁護士などの専門家が立ち会わなければ応じない期間が多いです。


過払い金請求は専門家に任せるべき?

上記で自分でも請求することは可能だと話しましたが、中には過払い金を少々誤魔化してきたり金額を減らしてほしいと言われることもあるみたいですから、必ず専門家に相談をして書類を作成してもらった方が良いかと思います。
弁護士や司法書士にお願いをすれば金融機関側もしっかり対応してくれるでしょうから、プロにお任せをして過払い金請求をしましょう。
手順が今一よく理解できていなくても、過払い金が発生しているのかどうか一緒に確認してもらう事が出来るので、安心して下さい。


過去の取引履歴を準備しよう!

過払い金を確認するためには過去の取引履歴が必要になるので、金融機関へ問い合わせするようにしましょう。
その金融機関によっては嫌がることもあるみたいですが、それは法律に引っ掛かる事みたいなのでちゃんと請求することが大事です。
過去に払い過ぎている金額ですから、もし過払い金が発生しているのであれば必ず過払い金請求すべきだと思います。
不安な方はまず弁護士に相談してみるところから始めてみてはどうでしょうか?

過払い金請求は必ず返還されるものではなく、場合によってはその後キャッシングを利用することができなくなるということを知る人は少ないです。
どのような場合に、過払い金が帰ってこないのか、キャッシングを利用することができなくなるのかを、それぞれご説明いたします。


過払い金請求で倒産

実は、過払い金請求が周知になったことで、いくつもの消費者金融が経営の危機に瀕しています。
一部の消費者金融は倒産してしまったところもあります。
倒産してしまうと、過払い金をすべて回収することは難しいです。
最悪、裁判を起こすという手もあるにはありますが、費用がさらにかかる上に成功するとは限りません。
現在はランキングに載っている消費者金融でも、過払い金請求によっていつ倒産の危機に陥るかわかりません。
自分にも過払いがありそうだと思ったら、早めに弁護士に相談してみることをおすすめします。


借金返済中の過払い金請求は信用情報に影響する

もう1つ、過払い金請求で気をつけなければならないのは、信用情報に影響する場合があるということです。
その場合のポイントは、借りている金額が0円になるかどうかです。
過払い金は、借金返済中でも完済後でも請求することが出来ます。
しかし、返済中の請求が「借入の減額」になってしまうと、債務整理の手続きをしたと判断されてしまいます。
債務整理をすると5年ほど信用機関に情報を保管されるので、気をつけましょう。

借金を返済している期間中でも、完済してからでも、過払い金請求をすることは出来ます。
つい勘違いして、借金返済中だったり完済してからじゃないとダメだったりどちらかでないとダメなのだと思い込んでしまう傾向があります。
どちらでも請求することは可能です。
この金利や利息はおかしいと感じたら、まずは弁護士事務所に相談の電話をしてみましょう。


完済してから出来る過払い金請求

完済してからおおよそ10年以上経っていなければ、過払い金請求は出来ます。
逆に言えば、それ以上経っていると時効が成り立ってしまうので気をつけてください。
実は、金利についての法整備が整ったのは2010年と、つい最近です。
それ以前にキャッシングを利用していた方は、改正前の金利であるグレーゾーン金利でお金を借りていた可能性があります。
身に覚えがあれば、過払い金請求をするべきでしょう。


借金返済中なら債務整理も出来る

過払い金請求は借金をしている間にも出来ますが、債務整理もすることが出来ます。
債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3つの法的手続きのことです。
弁護士や裁判所を介して、現状では高いと感じる借金や金利を減らすことができる手続きです。
なかでも、任意整理は弁護士に相談するだけで出来るので、利用者も多く人気です。

払い過ぎた利息は過払い金請求で取り戻せる、というのは弁護士の腕次第です。
ここ最近でそういった内容のCMをよく目にするようになってから、過払い金請求の相談は各地で爆発的に増えました。
弁護士としては腕の見せ所であり、金融業者からすればやめてほしいというのが本音でしょう。
自分で行う方法もあるにはありますが、専門家を相手にできるだけの知識が必要になります。


金利と借入限度額の関係性

どのように過払い金があると判断するのかは、弁護士に相談して調査してもらうのが手っ取り早いですが、ご自身でおおよその判断をつけることも出来ます。
そのときに参考になるのが、借入限度額です。
消費者金融でのキャッシング利用の場合、金利の上限は借入限度額によって変動するように法律で決まっています。


過払い金請求が出来る目安

過払い金請求をするには、5年以上にわたって18%以上の金利を払っていることが1つの目安になります。
借入限度額が10万円未満なら金利の上限は20%、10~100万円なら18%、100万以上なら15%というふうに利息制限法という法律で決まっています。
5年もかけて返済をするほどのキャッシングならば、借入が100万円未満というのはレアケースなので、過払い金請求が出来る可能性が高いと言えます。

過払い金請求は、比較的簡単にすることが出来ます。
一応、個人でも手続きをすることは出来ます。
しかし、弁護士に頼むのが一番確実です。
請求の方法を調べたりキャッシングの利用履歴などの資料を集めたり、ご自身でこなす時間があるのであれば、それが一番お金のかからない方法にはなります。


弁護士に過払い金請求の相談をすると

過払い金請求について、基本的に相談そのものは無料にしている弁護士事務所がほとんどです。
しかし、その後に「成功報酬」と「返還された金額の○%」を費用としている事務所がほとんどであることは、皆様ご存知でしょうか。
成功報酬に関しては、0円から20,000円ほどまで事務所ごとにさまざまです。
返還額に関しては、だいたいの事務所が金額の2割前後になっています。
相談から請求まで全て無料でできるわけではありませんが、過払い金請求ができるかどうかわからない方は相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。


過払い金請求が出来る条件

過払い金請求は、年単位で金利が20%以上だった方の中で、完済してから10年経ってない方なら、ほぼ成功します。
また、請求をする金融機関が倒産していないという条件もあります。
請求する機関が途中でいなくなってしまったりしても、できなくなる可能性が高いです。